投資はつまるところ入金力の勝負だと気付いた

考え方

こんにちは。つなかんです。(@draquetuna)

#石油王とつながりたい

今の気持ちを表したハッシュタグです。

テーマは投資成果=資金力が直結するということですね。

資産は約480万円。運用金額は約370万円。セミリタイアを目指して毎月20万円を投資に回しています。

アーリーリタイアするためには1億円ほど貯めたいと思っているんですが1億円あれば税引き後利回り4%の運用で年間400万円の配当金をゲットできます。

アーリーリタイアしたいけど1億円貯めるってどれくらいかかるの?

ということで楽天証券の積立かんたんシュミレーションしてみました。

1億円貯めるのに22年7か月かかるそうです。

22.7年後って私ちょうど50歳なんですが。。。

これってアーリーリタイアなの…???

50歳で1億円貯められることがいいことかは置いといて毎月20万円というお金をつぎ込んでも

22年かかるんです。

リターン5%でも!!

2000万円なら7年後に達成できるみたいですね。老後は安心です。

節約して共働きで20万円ですから今後、子供ができたり1馬力になることなどを考えると今後永続的に毎月20万円投資することは難しいなあと、、、

結局投資っての力やんね。労働者層はちまちま働いて小銭稼ぐしかないのよね。

資本主義だもん。

ぼくが300万円を10%のリターンで運用できてもリターンは30万円

アマゾン創業者のジェフ・ベゾスさんが資産12兆円から1%リターンを得るだけで1200億円

もうお話にもならなりません。

投資は率じゃなくて額ってはっきり分かるんだね。

でも嘆いてばかりもいられません。

投資=資金×複利(時間×利回り)で増えていくのでこれらをどう最大化させるかのゲームだと思っています。

少しでも長く投資したほうが複利が働くので今すぐに投資を始めるべきだし

少しでも投資に使えるお金を増やすのが近道です。

自分の話で恐縮ですが私の勤めている会社は年功序列で若いうちの給料は高くないです。

むしろくっそ安い。今の部署は残業もないからというのもあるけど5年目の手取りで19万円ぐらいですかね。

全国転勤の総合職でこれはワロエナイ。

給料が年功序列で右肩上がりで伸びていくということは若いうちに使えるお金が少ないということなので

その点では会社選びを間違えたことになります。

アーリーリタイアを目指すなら三菱サラリーマンさんのように賃金水準の高い商社やインセンティブが大きい住宅営業や外資系の会社で投資に使えるお金を増やす戦略が有効だったと後悔しています。

そんな激務なところで働ける気はしないけど。

その賃金差を埋めようと信用取引に手を出したのですが見事に失敗し240万円の損失を出しております。

投資

仕事の片手間で大きなリターンを狙おうとするとだめですね。

でも薄給の身分ではこれで増やしていくしかないと思っています。

おとなしくインデックス投資に身を任せることにします。

毎月コツコツインデックス投資することがお金持ちへの最短ルートだと確信しました。

コツコツ買っていって30年間気絶することにします。

あー石油王と友達になれないかなー

入金力を上げるためには副業で副収入を得ることが近道だと思いますが

皆様はどんな副業や節約に取り組まれているでしょうか。

よければご教示ください。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

コメント