【反省】信用取引をやめます

考え方
PVアクセスランキング にほんブログ村

お疲れ様です。つなかんです。

先週から米国株を始め株価の様子がおかしいです。

週明け本日の日本株も▲774円(▲3.47%)とダウ先物の下落を嫌気してか大きく下げています。

東京での新型コロナウイルス感染者も2日続けて40人を超えています。

半分ぐらい夜の街の方みたいですが。

ともあれ私も6月中は週1で在宅してよいことになりましたのでできる限り在宅に励もうと思います。上司の目がないから実質有給なんて思っていませんよ?

さて今日の本題ですが信用取引をクロス取引で使う以外は止めようと思います。

今日パーク24とDMG森精機を損切りして信用取引から撤退します。

遅すぎる撤退でした。

スポンサーリンク

信用取引で爆損した

GMOクリック証券

当ブログを見てくださってる方はご存じかもしれませんが、ぼくは信用取引で爆損しています。

その金額なんと▲279万円

ファーwww

タイムスリップできるなら去年の5月に戻り信用取引を始める前の自分をぶん殴りたいです。いやソフトバンクGの昨年夏の暴落を教えてあげたいです。

銘柄選びのセンスと努力とタイミングが劇的に欠けているので現物個別株で資産を増やしていけたとしても、いずれはこうなる運命だったということで早めに理解できてよかったと思います。

売買手数料が安いし短期のトレードするなら無茶な金額を投資(投機か?)しない限り現物より安あがりなのでうまく使えばよいと思うんですけどね。

ぼくの場合はなぜか信用取引となると無限ナンピンで値下がり→死亡が王道パターンでした。

それか逆張りでポジションを持つもそのまま続伸(続落)して死亡。

4000株もってて100円下がって▲40万円、はい損切りみたいな。

致命傷に近い傷を負っていますが追証で破産する前に撤退できてよかったです。

スポンサーリンク

売買 混ぜるな危険

信用取引は空売りすることができます。

株は落ちる時の方が早いのでタイミングよく空売りできれば大きなリターンを出すことができます。

3月の暴落で大金を稼いだ方もいらっしゃるかと思います。

ただ、空売りが怖いのは株価は無限に上昇し続ける可能性があり、損失が青天井ということです。

現物買いや信用買いは買った金額以上の損は出ませんが、売りは上記の通り損失の可能性が無限大なんですよね。

判断を間違えたと思ったら早めに市場にごめんなさいできないと、、、

トレーダーの方は分かりませんが、我々投資家は基本的に上昇を願って投資します。

空売りの場合、逆を狙うので普段とは違う判断が必要になると思います。

(シンプルに考えれば、買いではないという判断をした場合に売りで入ればいいだけなのですが理屈通りにはいきませんでした。)

3月の暴落時にうまく使えればよかったんですが、下手に売り買いを合わせたために往復ビンタを食らう格好になりました。

3月は買いポジションが多かったので下落で無事死亡。

3月の底から先週水曜日までの上昇相場では2番底を警戒し売りを混ぜていたため利益を享受できず死亡。

そして上昇相場終わりに掴んでいたポジションが先週からの下落で死亡。

めちゃめちゃ死体蹴りされてるーー( ;∀;)

信用取引は相場の声を聞ける人じゃないと扱いが難しい。

相場の声を聞けなかったがために投資損益はえらいことに。

GMOクリック証券

個別株メインのGMOクリック証券の損益ですが地獄ですね。

少額の資金で現物で(アベノミクスに乗り)順調に増やしてきたのに。

退職金ぶっこんで大損する投資初心者みたいですね。

GMOだけで今年に入って328万円も損しているのに平然と会社で仕事してるってやばくない?年収400万マンのワイからみたらほぼ年間の手取りなんだが…

妻に言える訳ないし。

ワイはサイコパスだったのか…

他の口座の損益や配当金などを含めると投資を始めてからの5年の投資成績は▲223万円です。何気にGMOクリック証券以外でも損してるっていうね笑える。

投資を始めて5年経ちますが毎年何かの趣味に44.6万円/年=3.71万円/月を使ったという計算になりますね。

うん。

それでも今貯金+金融資産で500万円ちょいあるってなかなかいい家計の守備力なのでは?

個別株せずにインデックス投信を買っておけば妻の貯金と合わせて今年中に資産1000万円乗せられたのは秘密。

株式投資
スポンサーリンク

投資の基本はバイ&ホールド

ここで原点に立ち返ろうと思います。

投資は余剰資産で行う

信用取引でレバレッジはかけないこと。実力の現金のみで投資する。

基本はバイ&ホールドする

上記の損失に手数料は入れていませんが、今年だけで400件以上売買しており、1回100円としても4万円は手数料としてかかっています。

売って利益を出す度に税金も取られますしね。(実損を出している僕には関係ない話ですが)

損しない投資を心がける

今のリスク資産のうち55%はインデックス投信やセクターETF、インデックスETFです。

これからはこれらの積み立てを基本として資産形成を図ります。

自分の給料から投資する以外に妻からも毎月お金をもらって投資しているので、趣味的な信用取引で損を出すのは申し訳ないですからね。

妻からもらったお金で信用取引で大金溶かすって客観的にみてクソやね。

主観的に見てもクソです。

インデックス投資やセクターETFでが含み損になる時は相場の機嫌が悪い時ですから含み損もストレスフリーです。

次に個別株を買うのは〇〇ショックで全体が下がった時かな。何年後だろう。

そのときは現金でバーゲン品を買いたいと思います。

スポンサーリンク

株で一発当ててセミリタイアはあきらめる

もともと投資を始めたのは週5で労働をしたくないからでした。

そのため大きく賭けて一発当てよう的な思考に陥ってしまっていたのかもしれません。

自分の投資センスを過大評価している節もありました。

今は幸い共働きで月に20万円ぐらい投資できていますので入金力投資法でゆっくりお金を増やします。

妻が転職したり専業主婦になったり家族構成が変わる可能性も大いにありセミリタイアは難しいかもしれませんので一旦当初の目標は旗を降ろすこととします。

実は自分の祖父は借金をしていますw 妻の実家もそうみたいです。

あんまり人のことは言えませんがマネーリテラシーが迷子になってますね。

ぼくは消費者金融から借金する前に気づけたので良しとします。

失ったお金はサンクコストとして考えます。

投資から撤退しませんので損失を取り戻す日&爆益の日々を夢見て。

ゆうゆうと焦らずに歩む者にとって長すぎる道はない。

辛抱強く準備する者にとって遠すぎる利益はない。

ラ・ブリュイエール フランスの思想家 1645-1696

記事が面白かった人、人の不幸でメシウマな人、つなかんの爆益を願ってくださる方はポチッとお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント